歯に詰め物するならピュアホワイト!

歯に詰め物するならピュアホワイト!

2018-04-15

歯に詰め物するならピュアホワイト!
2018-04-15
こんにちは・・・。

もうどれだけの時間が経ったのでしょうか(実際は数分・・・)。

私の中では変わらず焦りと葛藤が渦巻いております。

そんな、大げさな話しではありませんが・・・、まあ女子の立場に立って考えてみて下さい。
歯の詰め物をどういうものにするか、ということは、髪で例えれば、白髪を染めるか。染めるならどんな色にするか。ウィッグやかつらを付けるか。付けるならどんなものにするか。と同じことですよね?髪は女子の命。それに相当する歯!!
つまり、超重要なこと。奥歯だから隠れて分からないだろう、というような安易な判断はできないことなのです!

私の目の前に黙って座る歯医者さんにも、そんな私の気持ちを分かっていただきたいと思い、ちらっと熱い視線をそちらに向けてみると、歯医者さんは笑顔を絶やさずに、ゆっくりと口を開いて私に言いました。

「詰め物をするということは体の一部になるようなものですから、納得がいくまでどういうものにするか考えるべきですよ」

(Υ_Υ) (Υ_Υ)先生、分かってくれてるのですねえ~~!!感動。

心の中の叫びが嗚咽のような変な声になって出てしまいそうになった時、先生はそんな私をどこへやら、何かに気付いたように言いました。
「最初に金属にされたくないと言われたのは、目立たないようにされたいからでしたよね。そうなると自然な白にするのが一番ということですかね」

ちょっと虚を突かれて、呆けた顔で頷くだけの私に先生は続けた。

「それでも、やはり、ジルコニアインレーが良いとは思うのですが・・・」

ええ、やっぱり、ジルコニアインレー??先生は、ジルコニアインレー推しなの?!とまたもや心の叫ぶ私に、先生は更に続けました。

「でも、『ハイブリッドセラミック』というものもありますよ」

ハイブリッドセラミック??

ハイブリッドセラミックは、セラミックとプラスチックを混ぜた材料で作られていて、詰め物・被せ物どちらにも対応できるそうです。
オールセラミックよりもやわらかく、硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯にダメージを与えにくい材質で、金属を使用しないので金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、そして金属アレルギーなどが起こる心配がないのですって?!

プラスチックが混ざっているので、年が経つと変色が起こり、噛み合わせなどの状態によっては、割れたり欠けたりするリスクもあるそうです。あと、こちらも保険外治療なので、その分、費用がかかります。ジルコニアインレーよりは安くて済みますけどね。

そうかあ。「目立たない」というところと値段的には「ジルコニアインレーよりも安い」というのは良い点だけど、「長持ちさせたい」という二つ目の希望には合っていないみたいね・・・。

知識が身に着いてくると余裕が出て来るもので、先程まであった焦燥感みたいなものはなくなっていました。ほとんど、歯医者さんの配慮があったおかげなのですが・・・。それに、ジルコニアインレーと比較する物を紹介してもらったことが大きいかも。

そんなこんなで、そろそろ議論の最終地点がおぼろげながら見えてきたことを感じながら、私は最後の質問を心の中に用意した。

遠くなった筈の蝉の声が、まるで虫歯に響いたように、忘れていた痛みが戻り始める。

つづく

TOP